#05
メテオス
発売日:2005.03.10 / 購入日:2005.03.10

ホーム > ゲーム > ニンテンドーDS > メテオス  2014年04月01日掲載 

 「スマブラ」「カービィ」シリーズで著名なゲームデザイナー桜井政博さんがフリーランスとして最初に手がけた作品。 無尽蔵に降ってくるメテオをタッチペンで並び替え、同色三つ以上を揃えることで揃えたメテオが点火、上に積み上がっているメテオごと「打ち上げる」ことのできるパズルアクションゲーム。 打ち上がり切らなかったメテオのカタマリに点火を繰り返してメテオを合体させていくことでより大きなカタマリを作り出すコンボや、 全列打ち上げによる全消しコンボは非常に爽快で、その爽快感は秀作の多いDS初期作品の中でも群を抜いている。 プレイヤーが選ぶことのできるステージはあらゆる特徴を持った30もの惑星から選ぶことができ、 それぞれが基本ゲームルールを抑えながらも、全く違う操作を必要とされるほど強烈な個性を持っている。 チャレンジモードではこれら30種類それぞれで1ミスまでのスコアアタックを楽しむことができる他、 指定4種の惑星で高スコアを競うタイムアタックモード、さまざまなアイテムを使いながら、相手にメテオを送り込んで勝利を目指す対戦モード、 元凶である“メテオス”を巡る簡易ストーリーモードともいえるスタートリップモードなど、 長く遊べる工夫がこれでもかというほど詰め込まれている。
 このように非常に魅力的なタイトルである反面、ゲームシステム全体において非常にバグが多いという残念な一面も持ち合わせている。 海外製・ディズニー版など後発の作品ではある程度バグは修正されているので、今から買う場合はそちらの購入を推奨。


◆惑星一覧&マイスコア一覧
・チャレンジモード
#惑星名ハイスコアコストライン数落下速度推進力第二次点火還元特徴
1ジオライト601590094662◆ほぼ平均的な能力で初心者向け ◆惑星攻撃力が少なめ
2ファイアム346670075761.75◆フィールドが狭いため全消ししやすい ◆惑星防衛力が高め
3オレアナ6534100093452◆徐々に推進力が上がっていくタイプ ◆ピストン可能 ◆惑星防衛力は最弱
4アナサジ535090095552.5◆最下部での点火のみ強い推進力 ◆惑星攻撃力が高め
5フリーザム42523020075752.5◆惑星防衛力は最強 ◆同じ広さのファイアムなどと比べると点火力が安定的で扱いやすい
6グランネスト57295040094742◆メテオの押し下げを受けない ◆ピストン可能だが難易度高い
7メガドーム49918040091772◆落下速度が最も遅い ◆第二次点火以降徐々に推進力が減っていくタイプ
8ビュウブーム425510400108672◆タイムアクセルを踏んでいる間のみカタマリの落下が遅くなる
9ジャゴンボ31129085198685◆落下速度が非常に早い代わりに還元が遅い
10メックス383080182477773◆カタマリの大きさにかかわらず推進力が一定
11レイヤーゼロ323510192084781.5◆カタマリの大きさにかかわらず推進力が一定 ◆メックスよりも高く飛ぶ代わりに広い
12ゲルゲル1485830192092532◆最初は飛ばないが点火を繰り返すと一気に飛んでいくタイプ ◆チャレンジ終盤はピストンになる
13フロリアス4223702001103682◆縦点火が弱い以外はほぼ平均的なタイプ
14ブビット1477310290198651◆打ち上げ時の上昇が極端に遅い ◆ピストン可能だが還元が早く落下も早いため難易度は高い
15ダウナス8984420291084643◆メックス同様カタマリの大きさにかかわらず一定の推進を得るタイプ ◆ピストンが最もやりやすいピストン練習用の惑星
16フォルテ667100298291522.5◆横点火ではほぼ飛ばないが縦点火が非常に強い
17ヒュージィ14941203101114882◆基本的に高性能だが全列打ち上げをするとピストンになる
18グラビトール19559037241010095◆一次点火ではほぼ飛ばないが空中切り離し点火でのみ強く飛ぶ ◆点火を繰り返して強引に飛ばす方法もある
19ギガントガッシュ6279403871117772◆必ず一定距離は飛ぶタイプ ◆ピストン可能だが非常に難しい
20ワイヤロン511550455194433◆第四次点火まではあまり飛ばないが第五次点火以降が非常に強い
21ヒートヘッズ32404048521032102◆第二次点火のみ非常に強く、第三次以降は弱くなっていく
22サボン926620508182882◆横点火が非常に優秀な代わりに縦点火はほぼ飛ばない ◆チャレンジ後半はピストン可能だが着地するとまったく飛ばなくなる
23コロニオン300720535496684◆落下速度が非常に早く還元が遅めのジャゴンボタイプ ◆ジャゴンボよりもやや使い勝手が難しい
24ラスタル3812805502103561.5◆大気圏すれすれまで非常に早く飛んでいくタイプ ◆第六次点火以降は全列打ち上げも可能
25ウドー21988905801106652.5◆ゆっくり上がって早く落ちるブビットタイプ ◆3分半以降は七賢化する
26ルナ=ルナ307720730292442.5◆上昇も落下も遅いオレアナタイプ
27ケイビオス5547807706113672.5◆検証中
28サードノヴァ3417008202113872◆フィールドが広い代わりに全体的に高性能で、特に縦点火が強い ◆3分から七賢化
29ヘブンズドア1408709595111010100◆一次点火で一瞬にしてメテオを消し去る異色の惑星 ◆2分半からメテオが飛ばなくなっていく ◆3回に分けて素早く打ち上げることで全消しは可能
30アーニマ37073011113102783◆積み上がってから滅亡までの時間が最も長く打ち上げ力も高性能だが、時間経過による劣化が激しい
31スターリア4207401150382782◆タイムアクセルを踏むとカタマリの落下が非常に早くなる ◆縦点火が弱い
32メテオス33515047010112882◆タイムアクセルを踏むとカタマリの落下が非常に早くなる ◆第六次点火から急に飛ぶ ◆レアメタルが落ちやすい
※1コスト以外の各ステータスはいずれも独自調査によるものです。
※2ハイスコアは2014年03月26日現在のものです

・タイムアタックモード

・2分 (ジオライト):239,530点
・5分 (レイヤーゼロ):511,640点
・100メテオ (ファイアム):07秒22
・1000メテオ (ヘブンズドア):1分16秒50


◆個人メモ (チャレンジモード)

・ピストン
全ライン打ち上げ状態のとき、点火してもすべてのカタマリが打ち上がりきらずに一部が戻ってくる現象。 戻ってくると上部に新しいメテオが蓄積されるため、これを利用することで継続して点火を繰り返すことができる。 チャレンジモードにおいては100万点以上の大きなスコアを狙うために必要となる技術である。 可能な惑星はオレアナ、メックス、グランネスト、ダウナス、ヒュージィ、ウドー(開始後4分まで)、ギガントガッシュ、サボン、ブビット等。

・七賢化
一定条件下で、第一次点火だけでメテオを飛ばすことができるようになる現象。 ヘブンズドアはこの特性を最初から持っている唯一の惑星だが、チャレンジモード3分経過後は打ち上げ力が劣化するため、次第に飛ばなくなっていく。 サードノヴァ、ウドー等は逆に時間経過によって一次点火で飛ばしきることができるようになる惑星である。 七賢化するとスコアを稼ぎにくくなるが、ヘブンズドア以外は根気次第で半永久的に続けられるため、カウントストップは一応可能になっている。

・ディレイドステップジャンプ
公式用語。9ラインのステージでまず5列同時打ち上げをしてから、残った4列と打ち上げ中のカタマリの端を合わせて5列で打ち上げられるように仕込んでおき、 着地したらすばやく5列打ち上げをすることによって、少ない手数で全列打ち上げを実現するテクニック。 9ライン以外のステージでも応用することができる。 着地と同時に3列打ち上げができるように仕込む技は「ステップジャンプ」と呼ばれ、こちらはより基本的なテクニックである。

・ヘブンズドアについて
全惑星中もっともスコアを稼ぎにくいのがヘブンズドアである。 ヘブンズドアは一次点火ですべて飛ばしてしまうため点火ボーナスを得にくく、 2分40秒前後で一切飛ばなくなってしまうため、他の惑星とはまったく異なる方法でスコアを稼ぐ必要がある。 その方法として全消しボーナスで稼ぐという方法と、レアメタルで稼ぐという方法のふたつがある。 メテオスにおける全消しボーナスはその惑星の列数×1000点であるため、ヘブンズドアで全消しした場合は11,000点入るようになっている。 二次点火ができないため全列同時打ち上げは不可能だが、11列を3回に分けて素早く消すことで全消しは可能 (3+3+5=11がもっともやりやすい)。 2分経過までに何度か全消しを成功させれば10万点はさほど難しくない。 同様にレアメタルも10,000点入るためヘブンズドアにおいては貴重な得点源となるが、 出現頻度が稀であるため、これに頼ってのスコア稼ぎはあまり現実的ではない。


■リンク

メテオス公式サイト