#26
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム
発売日:2009.01.29 / 購入日:2010.03.12


ホーム > ゲーム > ニンテンドーDS > ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム  2011年01月16日掲載 

描画処理エンジン『POLLUX ENGINE』によって
DS-Wii間のマルチプレイを可能にした世界初のDSタイトルにして、
前作『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト』の正統続編。
クリスタルコアに眠る未知の能力、「不死」「因果律」をテーマに
謎の少女シェルロッタと描くマルチプレイアクションRPG。
クリア所要時間は10〜20時間程度(シングルプレイ時)。

・アクション
  攻撃コマンドそのものに多彩さはないが、レベルアップする事で溜め打ちができたり、
  シールドを出す事ができるなど小回りが効くコマンドがある。また、全体的にゲームスピードは速め。
  魔法攻撃は種族問わずくり出す事ができ、
  マルチプレイ時はマジックパイルを複数人で重ねる事でより強力な魔法を出す事ができる。
  各ステージはアクションRPGというよりはアクションゲームに近い部分もあり、
  二段ジャンプ可能な種族「セルキー」以外の突破が難しい部分もある
  (操作オプションによっては斜め入力が難しいDSiでは非常に難しい箇所もあるので要注意)。

・キャラクターメイク/育成
  4種族x2性別=8種類のキャラクターから選択して育成できる。またキャラクターは合計16人まで作成可能。
  レベルは種族に関係なくLv.99までで、ステータスの伸び率も一定だが、
  あるジュエルを装備することで伸び率を大幅に上げる事ができ、
  全ステータス999のキャラクターも作る事ができるため
  種族間のステータス面での個性はあまりないと言えるかもしれない。
  ただし経験値獲得を止める事ができるジュエルも存在し、
  マルチプレイ仲間とこれを使った制約(レベル制限)を取り決める事である程度幅広い育成も可能。
  また、数は少ないがNPCを仲間にすることもできる。

・装備品
  装備品自体がモンスターからドロップする事はないが、ステージ各種に「レシピ」が置いてあり、
  これを入手する事で各種装備品が合成可能になる。合成素材はモンスターがドロップする仕組み。
  アイテムにはそれなりの種類が存在するが、レシピさえ手には入ってしまえば集めるのはそれほど難しくない為
  やり込んだ人同士が集まると装備品が似たり寄ったりになる場合も多い。
  武器そのものの強化はできないが、武器にジュエルを付ける事で
  各種ステータスを強化したり、特殊能力を付加することができる。
  ジュエルは装備品をジュエルに変換する事で手に入る。
  防具系装備はすべて見た目も変化させる効果を持っており、そのバリエーションは非常に多彩。
  着せ替えを楽しむための「お立ち台」なるものまで存在する。

・敵キャラクター
  通常敵は主人公の等倍前後、ボスキャラクターは5〜7倍程度。
  魔法やビーム等を撃ってくる敵がなかなかやっかいで、難易度が上がると理不尽なまでの攻撃力を持つ敵もいる。
  逆に、こちら側が強くなりすぎると最後の最後まですべてノーダメージで済んでしまったりもする。
  基本的に後ろ側に回ってひたすら叩く事になるため、緊急回避などを駆使したい人には不向きかもしれない。

・マルチプレイ
  本編マルチプレイは、「おまねき」したプレイヤーの進行ストーリーに他プレイヤーが参加する形式。
  難易度等はすべておまねきプレイヤーの進行状況に依存する。
  セーブクリスタルがあればどこでも途中参加や募集ができる。
  ドロップアイテムや宝箱は早い者勝ちになるが、宝箱は一度ステージを出てもう一度入れば復活している。
  本編の他、前作ボスと戦える場所や、協力プレイ・対戦ミニゲームが楽しめるクエストも用意されている。


■個人メモ

プレイ時間140時間。GBA/NGC時代から通算100本目のコンシューマータイトルにして、
購入後2011年現在に至るまで我が家の主流でありつづけているマルチプレイゲームの記念すべき一本目タイトル(マルチプレイを遊んだのは実質二本目)。
実はマルチ目的というよりは見た目に惹かれて買ったという動機もあり、
ポケモン以外のRPG購入は『マリオ&ルイージRPG』以来、実に6年ぶりでした。
軽快に遊べるマルチプレイシステムやDSシリーズの限界ではないかと思うほど美麗なグラフィックが特徴。
素材やらジュエルやらといったやり込み要素がある反面、ステータス面ではすぐに限界到達してしまうのが玉に瑕でしょうか。
FFシリーズほぼ未経験な自分でしたが、今では続編に期待するゲームの筆頭にまでなりました。
このタイトルの続編、出ないかなぁ……。(クリスタルベアラー? なにそれ)


■リンク

公式サイト