#026
MotionX Poker
レビュー時バージョン:3.0 / 購入日:2010.01.11

ホーム > ゲーム > iOS > MotionX Poker  2010年11月18日掲載 

サイコロを使って、CPUディーラーとポーカーで勝負する暇つぶし用アプリ。
プレイヤーは5つのサイコロを3回まで振ることができ、出来た役でディーラーと競います。
勝つと支払ったコインの二倍のコインが貰え、その他役によってさまざまなボーナスコインがもらえます。
賭け金はプレイステージとなる「テーブル」によって異なり、自分で自由に設定することはできません(後述)。
2回目以降振る時は、実際のポーカーと同じく残すサイコロと振るサイコロを選ぶ事になるのですが、
その時にすでにロックしたサイコロを再び振り直す事もできます。

とにかくひたすらディーラーとサイコロ勝負するだけのアプリですが、
リズムがいいためハマるといつまでもやっていたくなるアプリです。
連勝記録やアチーブメント、いろいろな種類のサイコロなど、周辺機能も充実しています。
残念ながら現在iTunes Storeには存在せず、ダウンロードは不可能のようですが、
ポーカー機能がなくただサイコロを振るだけの『MotionX Dice』というアプリが存在するようです。


■攻略メモ

・テーブルについて
  ・Rooster Table :最初から遊べる、賭け金なしのテーブル。練習用。
  ・Horse Table :最初から遊べる、1コイン賭けて遊ぶテーブル。
  ・Monkey Table :10コイン賭けて遊ぶテーブル。一定枚数コインを集めると出現。
  ・Tiger Table :200コイン賭けて遊ぶテーブル。一定枚数コインを集めると出現。
  ・??? :100,000コイン集めると出現。未確認

・採用役について(強い順)(カッコ内は管理人記録)
  ・Five of a Kind :5つすべてが同じ目である最強の役。ボーナスが付く。(39回/勝率100%)
  ・Four of a Kind :5つ中4つが同じ目の役。Straightより出しやすい。(216回/勝率88%)
  ・Straihgt :数字の並びが「1・2・3・4・5」か「2・3・4・5・6」である役。ボーナスが付く。(54回/勝率78%)
  ・Full House :5つ中3つが同じ数字でかつ残りの2つも別の同じ数字である役。ディーラーが積極的に狙う。(288回/勝率74%)
  ・Three of a Kind :5つ中3つが同じ数字である役。中間的位置づけにあたる強さ。(297回/勝率43%)
  ・Two Pair :One Pairが2つ出来ている役。これで勝つとボーナスが付く。(200回/勝率24%)
  ・One Pair :5つ中2つが同じ数字であとはバラバラの役。勝てばボーナスが付くが、それを狙って勝つのは難しい。(139回/勝率1%)
  ・High Card :いわゆるノーペア。勝つ可能性はごくごく僅かにあるが、そもそも3回振ってこれを出す事すら難しい。(8回/勝率0%)
  *同役勝負になった場合、多く存在するサイコロの数字の目が大きい方が勝ちになり、それでも同着の場合、余ったサイコロ同士の目で勝負をする。
   数字の強さは、1〜6の場合は大きい順そのままだが、「9・10・J・Q・K・A」の絵柄の場合、Aが一番強く9が一番弱い。
   数字も全く同じだった場合ドローとなり、賭け金は返される。

・ボーナスについて(カッコ内はもらえるコインの基準)
  ・Five of a Kind Bonus :Five of a Kindを出した時にもらえる。(賭け金の3倍)
  ・Straight Bonus :Straightを出した時にもらえる。(未確認)
  ・Comeback Bonus :連敗(3連敗以上?)している時に勝つともらえる。(賭け金の2倍)
  ・xxx Streak Bonus :3連勝以上している時に勝つとそのたびごとにもらえる。(未確認)
  ・Low-Hand Bonus :Two Pair以下の手役で勝利した場合にもらえる。(賭け金の1倍)
  ・Repeat-Hand Bonus :連勝し、かつ前回と同じ手役で勝つともらえる。(未確認)

・その他気が付いた事など
  ・サイコロは本体を軽く振る事で転がす事ができる(振っている間はずっと転がっている)が、左下のRollボタンでも転がす事はできる。
  ・2投目時点でTwo Pair同士の対戦になった時、CPUはかなりの確率でFull Houseを積極的に狙いに行くので、
   確率的にはTwo PairのうちOne Pairひとつ分を捨ててThree of a Kind以上を狙った方が勝ちやすい。
  ・基本的にStraightは狙わない方が無難。リーチがかかっているからといって狙いに行くと、最悪High Cardで終わってしまう事もある。
  ・サイコロの各種類でも勝率は記録されており、Stat画面には「最も勝ちやすいサイコロ」が表示されている。
  ・本体を傾けると、それに合わせてサイコロの影が動いている。


■動画
MotionX Poker on iPhone and iPod Touch