#257
Tilt to Live
購入日:2010.06.19

ホーム > ゲーム > iOS > Tilt to Live  2010年07月31日更新 

自機を傾きセンサーで操作して、次々に現れるドットに当たらないように避け続ける
いわゆる全方位系シューティングゲーム……というのはあくまで基本で、
実際にはそれらドットをかいくぐりつつ、さまざまな兵器で反撃するシューティングゲームです。
避けに専念するというよりは、かなりアクションゲームに近い部類かも。
傾きセンサーでの操作と言うと微細な調整ができないと思われるかもしれませんが、
操作感についてはかなり作りこまれており、想像以上に自由自在に動かすことができます。
ゲームモードは以下の4つ。
 ・Classic:1ミスで即終了。段々増え続け、移動速度が早くなるドットをひたすら倒して高得点を目指すモード
 ・Code Red:Classicと同じルールで、最初から敵の数が非常に多いモード
 ・Gauntlet:ドットで作られたオブジェクトを次々に避けて生き残ったタイムを競う変則モード
 ・Frostbite:2010年07月31日配信のver.1.4より導入された新バージョン。詳細は後述

このゲームはAGON Onlineに対応しており、アワードのアンロック状況によって新兵器が使えるようになったりします。
チルト操作なので電車の中などで気軽にとは行きませんが、
1回数分で終わる上にとても爽快感を味わえるオススメのゲームです。
基本価格は230円の模様(2010年07月31日現在)。

■frostbiteモードについて(10.07.31追記)

・ゲームルール
 ・画面上方からひたすら凍った状態のドットが降りてくる新ゲームモード。
 ・凍ったドットはIce Blastで凍らせた時と同様、触れるだけで壊せる。
 ・画面下方にはお湯が貼ってあり、ドットがそこに達する事で氷状態が溶けて自機に向かって高速で襲ってくる。
 ・各種兵器(下記参照)が出てこない代わりに自機が最初からbubble状態になっている。
 ・凍った状態のドットを倒すごとに画面下部のメータがたまり、満タンになるとBurnicadeという兵器がひとつ出てくる。
  メーターは画面上に兵器が既にある場合溜まらない。
 ・一定数固まっている凍ったドットをすべて壊すとmultiplierボーナスがたまり、ドットを破壊した時に貰える得点が二倍三倍と増えていく。
  基本得点は1点。2〜3秒の間ドットを破壊しないとボーナスはまたx1からになる(破壊するドットは塊になっているドットでなくてもかまわない)。

・攻略メモ
 ・自機はお湯に触れてもなんともない。
 ・bubble状態はドットを破壊するときの当たり判定が広く、ドットを破壊しやすいので、これを如何にして維持するかがポイント。
  3分経過後にbubble状態とmultiplierを一旦失ってしまうと得点をとにかく取りにくくなるので、これらの維持が得点に大きく左右すると言える。
 ・burnicadeを使う際はmultiplierが崩れないように注意。炎を撒き散らす時に必ずドットを巻き込むようにすると崩れにくい。
 ・burnicadeの炎はできれば画面左右どちらかに固まらせたいところ。真ん中に配置してしまうと、その範囲から漏れるドットの処理に追われる事になる。

■攻略メモ(Classic、Code Red)

・兵器について(Classic、Code Red)

Bomb(正式名称不明)
自機が触れると即座に爆発して、周囲のドットを焼き尽くす。
爆発は2秒ほど続き、その間に爆発の範囲内に入ってきたドットもすべて焼く。
最初からある兵器で存在は地味だが、囲まれた時などは急場しのぎとして結構役に立つ。
Laser(正式名称不明)
取ると約1秒後に、自機が向いている方向に向かってレーザーを発射する。
ホーミングするタイプのドットや一列に並んだドットなど、有効活用できる場面が多いが慣れないと使いにくい。
ゲーム全体を危険なく進めるためにも、是非とも使いこなしたいアイテム。
Missile(正式名称不明)
取ると誘導ミサイルが5発飛び出してドットめがけて飛んでいく。ドットが散らばっている時に使っても効果は薄いが、
ミサイルはドットにあたった瞬間に見えない爆風を起こして周囲のドットも巻き込むため、
固まったドットに飛んでいった時は思いもよらぬ破壊力を発揮する。
唯一防御性能が全くない兵器なので、追い込まれる前に使っておきたい。
Ice Blast(アワードで20ポイント以上獲得すると使える)
取るとその瞬間、氷の柱が広がって周囲のドットを凍らせる。凍ったドットは通常時でも触れるだけで破壊できる。
Bombと似ているが、こちらは範囲面積が大きい(約4倍)代わりに持続時間が短い。
また、凍ったドットもいちいち壊さなければならないため、破壊性能としてはイマイチ。
凍ったドットは約10秒程度で氷が溶けてまた動き出す。
Bubble(アワードで40ポイント以上獲得すると使える)
取ると自機が泡に囲まれて、1回まで自機をドットから守る事ができるようになる、唯一の装備系アイテム。
泡はドットに触れて割れるまで消えないが、泡自体の当たり面積が広い為、ずっと持続するのは難しい。
泡が割れた瞬間はBombのような爆発を引き起こして周囲のドットを瞬時に消滅させる。
フィールド上にBubbleが有り余っているなら、敢えてこの効果を利用して攻撃武器として使う事もできる。
Vortex(アワードで70ポイント以上獲得すると使える)
自機が触れるとビリヤードの玉のように転がり始める(自機が勢いよく触れるほどスピードは早くなる)。
3秒後になると静止して、その場にブラックホールを作って一定時間近くのドットを吸い込み続ける。
持続時間としては全兵器中最長で、コンボを無難に繋げられるが、他のアイテムや自機も吸い込み対象であるため
自機の近くで発動させてしまうとむしろ窮地に陥ってしまう事もある。吸い込まれた時は勢いよく傾ける事で脱出可能。
Spike(アワードで90ポイント以上獲得すると使える)
取ると一定時間、自機がスパイク付きのボールに包まれて無敵状態になる。
この間はドットに触れるだけでドットを破壊することができる。
自機がこの効果を使っている間はホーミング系のドットは逃げるので、いかに引き寄せてから使うかがポイント。
使いやすさという点では文句なく最強のアイテム。
Lightning(アワードで120ポイント以上獲得すると使える)
取ると一定時間、自機が電気を帯びて、ドットを触れるだけで破壊できるようになる。
しかもSpikeのようにドットは逃げず、さらには隣接したドットに感電させて連鎖する効果も併せ持つ。
破壊力では紛れもなく最強の兵器だが、いかんせん効果時間が約3秒とかなり短いためこれだけで大量のコンボを繋ぐのは難しい。
Burnicade(アワードで240ポイント以上獲得すると使える)
ver.1.4で登場した新兵器。frostbiteモードでは重要な位置を占める。
取ると自機が炎に包まれ、一瞬硬直した後向いている方向に猛ダッシュし、その際に炎を撒き散らす。
まき散らした炎は数秒残り続け、近付いたドットをすべて焼き払う。

・その他、気が付いたことなど(Classic、Code Red)
  ・ドットを倒さずに放置しておくと、段々移動速度が早くなっていく
  ・アイテムを取らずに放置しておくとそのうち消える
  ・ドットは出現してからわずかの間は当たり判定がない
  ・ドットを一度全滅しないと次の軍団が出現しないことがある
  ・アイテムは次々に取っても常にフィールドに3つある状態を保つので、MissileやVortexはすぐ使ってしまった方が有利になる
  ・SpikeとLightningを同時に取るとLightningの効果が優先される
  ・Bubble効果中にSpikeとLightningを取ると一旦泡は消えるが、SpikeやLightningの効果の終了後にまたBubble状態になる

■マイスコア
 *カッコ内は当時のオンラインランキングの順位

Classic:
 2010.07.31:5,307,130点(2,503/42,896位)
 2010.06.28:4,043,791点(2,623/33,229位)
Code Red:
 2010.07.31:6,731,289点(1,392/31,858位)
 2010.06.28:4,529,646点(1,582/22,269位)
Gauntlet:
 2010.06.28:3分04秒(1,374/20,261位)
frostbite:
 2010.07.31:461,723点(10/1,284位)

■リンク

iTunesでこのアプリを見る