#654
Connectrode
レビュー時バージョン:1.1.0 / 購入日:2011.07.23

ホーム > ゲーム > iOS > Connectrode  2011年10月27日掲載 

ブロックを配置する事で同色のブロックを繋げて消していく、配置タイプのマッチパズルゲーム。
ゲームを始めると顔のついたブロックがバラバラに配置されているので、それを普通のブロックを使って繋げていきます。
基本的には「顔のついた同色ブロック同士を同色の通常ブロックで繋ぐ」と消すことができます。
Omni-Connectorという虹色のブロックは異なる色のブロックを繋ぐことができます。
消した後、次に置いたブロックでまた別のブロックを消すと入る得点が二倍になります。
配置するブロックの初期位置の真下の空白を埋めてしまうとゲームオーバー、顔のついたブロックをすべて消すとクリアとなります。
なお、顔のついた同色ブロックが1個だけ残ると、通常ブロックもろともその色がすべて消え去ります。
このゲームで面白いのは、置くとゲームオーバーになるマス目と隣接した空白にしかブロックを置けないという点。
もし、ブロックを置いて空白を囲ってしまうと、囲いの中にある空白にはブロックを全く置けなくなってしまいます。
いかにして置けない空白を作らずにブロックを消していくかが鍵の、頭脳派マッチパズルです。
制限時間を気にせずにスコアアタックできるマッチパズルのなかではかなり秀逸。


■攻略メモ

・高スコアを目指すには
  1.余計なブロックを残さないようにする
     上述の通り、ある色の顔ブロックが残り1つ以下になると、その色のすべてのブロックが消えます。
     この時、通常ブロックが1つもないと200点、顔ブロックが1つもないと200点、両方を満たしている場合600点のボーナスが入ります。
     これを目指すためには、終盤何もないところに通常ブロックを置くことをなるべく避け、
     極力同色ブロック同士を固めておく事が必要になってきます。
  2.最初の一消しの前に連鎖の準備をする
     特にEasyの場合、最初からあとひとつのブロックで消せる状態にある顔ブロックがいくつかあるので、
     それにあと一歩及ばない2マス離れた同色ブロックなどに1マス分だけブロックを接げ足ししておいて
     なるべく連続で消すことができる状況を作る事で10,000点以上の高得点が見込めます。
     高難易度のステージの場合はある程度消してから連鎖の準備をする事になりますが、
     その場合はかなり考えて消す必要があり容易ではありません。
     この連鎖のために配置を考え、連鎖開始後のブロックの出方に運命を託すのがこのゲームの醍醐味と言えるかも。
  3.三つ同時消しをする
     おまけ程度のボーナス点ですが、3つ同時消しをすると500点が入ります。
     終盤、もう詰まることがないという状況に狙うとスコアの底上げになるかもしれません。
     ただし空白を囲ってしまわないように要注意。

・その他
  ・高難易度のステージでは、詰まりを防ぐため極力上の方から崩して空白の道を作る事に専念したい。
  ・通常ブロックはいくつ繋げても得点は変わらない。
  ・最後の一色が残ると、自動的にできるだけ得点が高いように並べてクリアするかどうかの選択になるがYesをタップしても問題ない(はず)

■動画
Connectrode

■動画
Connectrode

■マイスコア
・2011.10.27
  ・EASY:14,000点
  ・MEDIUM:8,700点
  ・HARD:8,900点
  ・EXTREME:9,200点

■リンク

iTunesでこのアプリを見る