#661
iBlast Moki 2
レビュー時バージョン:1.1.0 / 購入日:2011.08.18

ホーム > ゲーム > iOS > iBlast Moki 2  2011年09月18日掲載 

 時限爆弾などの仕掛けを配置して「Moki」をゴールへと導くフィジックスパズルの続編。 今作は三色のインク(攻略メモ参照)やTNTといった、より高度なしかけが登場し難易度が上がりました。 全80ステージの基本ステージに加え、一定条件を満たすことで出現するエキストラステージもあり、 合計ステージ数は90ステージ。さらにステージエディット・ダウンロード機能も前作に引き続き搭載され、 エディット機能もより細かいところまで作ることができるようになりました。 フィジックスパズル好きにオススメできる事はもちろん、 iOSゲームの定番と言っても過言ではないGodzilabの意欲作。
 ただし、前作と比べて全体的にクオリティアップしたのは間違いないのですが、風船の設置に若干の難がある、 ステージのしかけをリセットする機能がなくなっているなど、今後のアップデートに期待したい点もいくつか。 BGMのクオリティが非常に良いのでリラックスしながら楽しむ事ができます。


■攻略メモ

・主なオブジェクト解説
Moki
本シリーズの主人公的存在。すべてのMokiをブラックホールのような形をしたゴールに吸い込ませる事でステージクリアとなる。
Mokiは不死身なのでTNTを隣に置いて爆発させようが、棘に刺さろうが平然とした顔をしている。
ただし画面外に行ってしまうと流石にミスとなってしまうので、それを避けるのがこのゲームの大前提になる。

Giant Moki
ごく一部のステージにのみ登場するやたら巨大なMoki。
今作は小さくなった代わりに、スライムのように身体が柔らかくなったため若干扱いづらくなった。
爆弾ひとつではほとんど飛ばないので、動かすには爆弾以外の特殊な対策が必要になってくる。

爆弾
最も基本的な仕掛け。Mokiを飛ばす他にも、障害物をどける、風船を割る、TNTを起爆させるといったさまざまな使い方ができる。
設置した後、ピンク色のダイアルを回す事で何秒後に起爆させるかを細かく調節できる。
Mokiを飛ばす時は、Mokiと爆弾の距離や位置関係によってかなり細かく飛距離や方向を調整でき、ステージによってはこれがクリアへの鍵となる場合も。

黄色インク(oil)
起爆させると周囲の地面やオブジェ(Moki除く)に黄色のインクをかける。これに触れたオブジェは(例えほとんど止まっていても)突然滑り出す。
主に爆弾で飛ばしたMokiを再加速させるために使う事になるが、Moki以外にも使える事を覚えておきたい。
爆弾同様、起爆までの時間を調節する事ができる。

赤色インク(spring)
起爆させると赤色のインクを周囲にかけ、着色された地面をバネに変えるアイテム。
地面を滑ってきたMokiがこれに触れると斜め前に飛んでいく。
跳ねる際の高さは元々の加速度などは関係なく一定量だが、横移動は元々のオブジェの加速度がそのまま反映される。

緑色インク(glue)
起爆させると緑色のインクをかける。インクの挙動などは他と同様。
このインクに触れたオブジェは、重さ・加速度・大きさなどに関係なく、緑色のインクがかかったオブジェにくっついてしまう。
くっついた場合、爆弾で引き離さない限り絶対にはがれない。
一見厄介な仕掛けだが、これを使うステージはこの仕掛けの使い途が分かりやすい場合が多い。

風船
これと繋げられたオブジェを浮かばせる効力を持つしかけ。ほとんどの場合はロープを使って繋げる事になる。
風船は浮力さえあればどんなものも画面外に連れ去ってしまうため、Mokiをくくりつける場合は要注意。
トゲに刺さったり爆風に当たると割れる。
Mokiは風船1つで浮かぶ。木製のオブジェやTNTなどは多くの場合風船2つが必要。岩などは浮かばせられない。
また、爆弾・インクなどと異なり、風船は地面の中などに配置する事はできない。
プレイヤーが設置する風船の他にも一回り大きい風船が存在する。

ロープ
風船とMokiなどを繋げるために使うロープ。もちろん、あらゆる応用に使う事もできる。
棒と違うのは、風船などが配置不可能な地面の中にも配置可能な事。また、基本的にロープの重さは考慮されない。
発動後は長さは変わることがなく、曲がる事もないが、設置の段階では自由に伸縮する事ができる。


鉄製の棒。使い方や設置方法はロープと同じだが、Mokiなどが乗る事ができるという点で大きく使い方は異なってくる。
木製の橋などに繋げる事はできるが、地面に繋げる事はできないため要注意。
このしかけが登場するステージは難しい傾向がある。

TNT
最初から設置されている爆弾。箱形の他にもいくつか種類があるが効果は同じ。他の爆風に反応して起爆する。
プレイヤーが設置できる爆弾と違って、非常に強い爆発力を持っている。
Mokiを巻き込んで爆発させるとフィールドの遙か彼方まで飛んでいってしまうので扱いには要注意。

トゲ
風船を割るためのトゲ。サボテンとウニの二種類がある。
風船以外は当たり判定がないので、風船がなければ特に気にかける必要はない。
トゲは風船を割るために設置されている場合と、ただの風景として設置されている場合があるため、見かけたらまずそのどちらかを見分けたい。

歯車(組み込み型)
自動的に右、ないしは左に向かって回っている歯車。船の動力となっていたり、風車の動力になっていたりと登場シーンはさまざま。
基本的に初期位置も挙動もプレイヤー側ではどうすることもできないので、
これが登場するステージではこの歯車に合わせてしかけの配置を考える事になる。

あひるの人形
特に意味はない。多分。



バネ
赤インクと同じ効力を持ったバネ。
最初から設置されており、動かせない以外は特に赤インクと扱いは変わらない。
補助的な役割を担っている場合が多く、特に厄介には感じられないオブジェ。

歯車(設置型)
プレイヤーが自由に設置することのできる歯車。発動すると必ず右側に回り出す。
風船同様に、ロープでくくりつけてMokiを引っ張って移動させる事もできる他、
棒と組み合わせて車のようなものを作ることもできる。
くくりつけた棒やロープなどは歯車のどの位置で結んだかによって微妙に異なってくる。



■マイスコア
(準備中...)

■動画
iBlast Moki 2 Gameplay Trailer

■リンク

iTunesでこのアプリを見る